宇治美術館 30

萬葉集3-318
宇治敏彦制作板画 萬葉集 3巻 318
田子の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける(山部赤人)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

美を愛でる心

論説と版画のブログ、初めて拝見しました。

「不尽の高嶺」に降り積もる雪にも微動だにしない、富士山の雄々しさに心惹かれます。

前に書かれていらした、覚悟の5項目の中の

1、産業構造変化対応策
2、世界標準(グローバルスタンダード)との開き
3、国際競争力

が深刻化する原因のひとつに、日本人独自の美意識や概念を捨て去り、何が何でもといった欧米の後追い主義(フレームワーク型の成功事例追随主義)の「つけ」のようなものがあるように思えてなりません。

苦境に立たされたときこそ、逆境であればこそ、本来、日本人が持つ「美を愛でる心」に問いただし、背筋を伸ばして凛としていたいものです。

この雄々しい富士山のように。
プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR