スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人はいま何を感じ、何をつぶやいて(Twitter)いるか 小榑雅章

東日本大震災の惨状には、誰もが胸のつぶれるような思いをしていることでしょう。
神戸で阪神大震災を経験した筆者にとっては、あの時の苦しさ寒さ辛さとだぶって、同情をこえて、一緒に体験してるような思いがします。
どれほど辛いだろうどれほど苦しいだろう、と心から思います。
そんな時、親しい友人が、Twitterにこういう「つぶやき」が出てるよ、と教えてくれました。
もうご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、神戸でも、被災者はお互いに助け合いました。また日本中から、暖かい支援をいただきました。こういう思いは日本中で共有しているのだと思います。以下に抜粋させていただきます。
*************************

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さな子達を見た。駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。@oka_0829

物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾って、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。
@kiI・itansu

1回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに逆転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。@mlcakom

昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちやんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。心温まった。東京も捨てたもんじやないな。 @a akishimoto

終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、笑顔で、こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。@tadakatz

都心から4時間かけて歩いて思った。歩道は溢れんばかりの人だったが、皆整然と黙々と歩いていた。コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事していた。ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では帰宅困難者受け入れ施設が開設され、鉄道も復旧して終夜運転するという。凄い国だよ。GDP何位とか関係ない。@rasuku

4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持
って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。@fujifumi

千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ @nekoshima83

**********************
以上の「つぶやき」はhttp://prayforjapan.jp/tweet.htmlから拾ったものです。
PrayforjapanとはこのHPの説明によると、以下の通りです。
「prayforjapan は、海外の人たちから日本に送られてくる応援メッセージのハッシュタグです。1秒に1回以上のペースで、地震発生時から現在まで地球上のあらゆる地域から寄せられています。
prayforjapan.jp は、避難生活を余儀なくされている方、不安に押しつぶされそうな方に、
すこしでも勇気をもってもらえたらと思い、このメッセージを受け取ってもらうために、つくりました。
公開にあたり悩みましたが、一人でも希望を持ってもらえたらと思い、国内で投稿された心に残るつぶやきや、海外から寄せられた応援メッセージをまとめています。…」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。