スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開シンポジウム「原発災害をめぐる科学者の社会的責任」  小榑雅章

日本学術会議のメールで、9月18日(日)に開催される公開シンポジュウム
の案内がきました。
「原発災害をめぐる科学者の社会的責任」というタイトルで、討議されるよう
です。原発を推進してきたのも科学者であり、その安全性を担保してきたのも
科学者でした。いま、多くの住民が故郷を追われ、子供たちの将来を不安に陥
れ、食料の安全をおびやかし、先の見えぬ未曽有の大災害をもたらしたこの事
態を、科学者たちはどのように認識し、どのように責任を感じているのか、看
過出来ることではありません。筆者はこの当日は、名古屋で別の学会に参加し
ているので、聞きに行けませんが、シンポジウムの趣旨に問題点が提起されて
いるので、下記に再掲させていただきます。

公開シンポジウム「原発災害をめぐる科学者の社会的責任――科学と科学を
 超えるもの」
◆趣 旨
   東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故、それに続く深刻な放射
能汚染や健康被害について、一般社会からは情報発信や説明責任の不十分さ、
不適切さが厳しく批判されている。日本の科学者・学界は、これらの問題に
適切な判断を下し、十分な情報提供を行い、社会的責任を果たしてきたと言
えるであろうか。そもそも関連する諸科学は、原子力発電にともなうさまざ
 まなリスクを、あらかじめ適切に評価・予測し、十全な対策を提示すること
 が可能なのだろうか。科学によって問うことはできるが、科学だけでは答え
 を出すことができない、いわゆる「トランス・サイエンス」の領域が急速に
 拡大し、複雑化しているのが、現代の最先端の知が直面している大きな課題
 である。このたびの福島第一原発災害の問題は、まさにそのような正負両面
 をもつ巨大な科学知・技術知の力を、どのようにしてコントロールすべきか
 という難問を、人文・社会科学を含むすべての科学者に強く投げかけている。
 だとすれば、今こそこの困難な課題に対して、さまざまな学問諸領域の専門
 知を総動員し、何をなすべきか、何をなしうるかを議論し合い、共通理解を
 深めるべき時ではないだろうか。
   このような状況を踏まえ、日本学術会議哲学委員会では、自然科学系と人
 文学系の双方の専門家をパネリストに迎え、原発災害をめぐる領域横断的な
 コミュニケーションの場を設け、「科学と科学を超えるもの」についての問
 題意識を共有するとともに、原発災害に関わる科学者の社会的責任を見つめ
 直すためのシンポジウムを企画した。学問的に正確な知識・情報を的確かつ
 十全に市民に公開・伝達するという「学術と生活世界を媒介する」活動を科
 学者全般の重大な責務としてとらえ、深く問い直すための機会となれば幸い
 である。
----------------------------------------------------------------------■
シンポジウムの論者は次の方々です。 
◆主 催 日本学術会議哲学委員会・日本哲学系諸学会連合・
      日本宗教研究諸学会連合
  ◆次 第
   司会 金井淑子(立正大学文学部/倫理学)
   開会挨拶 野家啓一(東北大学理事、日本学術会議哲学委員会委員長/哲学)
   報 告(各パネリスト)
     唐木英明(元東京大学アイソトープ総合センター長・獣医薬理学)
     小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター/
          科学哲学、科学技術社会論)
     押川正毅(東京大学物性研究所/理論物理学)
     鬼頭秀一(東京大学新領域創成科学研究科/環境倫理学)
     島薗 進(東京大学人文社会系研究科/宗教学)
   閉会挨拶 丸井 浩(東京大学人文社会系研究科、哲学委員会副委員長/
          インド哲学)
  詳細については、http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/133-s-1-2.pdf
シンポジウム後、下記資料も公開されています。
押川正毅教授のシンポジウム・レジュメ
http://masakioshikawa.blogspot.com/2011/09/918_17.html
鬼頭秀一教授のシンポジウム発表資料
http://kitosh.k.u-tokyo.ac.jp/assets/files/低線量被曝問題における「科学者」の対応の構造的な問題と「科学者」の信頼回復の道筋(公開版).pdf
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。