出会った人々⑧バレエでも日中友好に貢献した中江要介・元中国大使 宇治敏彦

 1年3か月前に脳梗塞で倒れた元中国大使の中江要介氏は爾来、意識が回復しないまま3月6日、療養先のホームでなくなった。91歳。異色の外交官だった。
 私が初めて中江さんにあったのは霞クラブ(外務省記者クラブ)で日韓交渉を取材していた1960年代で、条約局法規課長。40歳前後の働き盛りで、こちらは20代のカケダシ政治記者。拙著「実写1955年体制」にも書いたが、先輩記者たちは条約局などというニュースネタが飛び出しそうにない部署には全く無関心で、取材に行くのは私ぐらいだった。中江さんは後年出版した「アジア外交 動と静」(蒼天社出版)で当方のことにも触れていた。「そういえば、その済州島の直線基線の問題でもめている時、私は法規課長としてこの案件を担当していましたが、最初に私の自宅へ夜回りで来た新聞記者が、この間まで東京新聞の代表をしていた宇治敏彦記者でした」
 エリート外務官僚というと、慇懃無礼というか、言葉遣いは丁寧だが、『フン、そんなことも知らんのか』といった上から目線でものを言う人物が多かったが、中江さんは変わり者の側面はあったが、実直で人間的に尊敬できた。どこが「変わり者」かといえば、仕事は国家公務員だが、趣味は脚本・台本書きで、ひょっとしたら芝居小屋の経営者になっていたかもしれない人生だった。以下は若い頃から何度かお聞きした中江さんの「2つの顔」。
 京都大学(その前に東北大学にも学んだ)卒業後、外務省に入ったのが1947年。まだ占領下で外務省は終戦連絡事務所だった。新劇が好きだった中江青年は役所のなかに「霞座」という演劇クラブを立ち上げ、自ら脚本を書いた。ペンネームは霞完。確か「5秒前」という原爆関連のテーマだったと記憶している。
 外務官僚は語学研修も兼ねて海外勤務を経験し、その初任地が出世コースにもつながる。英米研修だと「アメリカンスクール」、中国や台湾だと「チャイナスクール」といった具合だ。中江さんは1952年、フランスへ2年間勤務した。後に昭和天皇のフランス語通訳を務めた時期があったぐらい「フレンチスクール」とみられた。だが本務のかたわら(いや、本務と同様に)パリで新劇をたくさん観劇し、また脚本を書いてはフランス語に翻訳して劇場のプロデューサーに見せていた。その中の一本がパリの芝居小屋で公演されることになった。だが、直前にフランス人の演出家が心臓病で急逝し、上演は中止になった。「もし演出家が元気で、私の脚本が上演されていたら、一外交官としてパリに留まって、貧しい脚本家になっていたでしょうね」
 外務官僚として、その後、1970年代にアジア局参事官、局次長、局長として日中国交正常化、日台断交、日中平和友好条約締結などにかかわった後、ユーゴ、エジプト、そして中国と3か国の大使を歴任。1987年退官。原子力委員会委員、三菱重工業顧問、日中関係学会初代会長などを務めた。大使時代からバレエの台本を4作発表し、うち3作が内外で公演されている。特に1998年、日中平和友好条約締結20年を記念して上海の新しいオペラハウス「上海大劇場」で上演された「鵲(かささぎ)の橋」は中国版の牽牛と織姫の物語で、16光年の遠距離恋愛を達成した恋人同士を日中友好にダブらせて描いている。中江さんは中国要人では胡耀邦総書記と個人的にも親しかったが、その時代にも「蕩々たる一衣帯水」という日中合作バレエを製作・公演しており、本務以外のことで幅広く日中友好のために貢献した大使として名前が残るであろう。
だが、最後に中江さんが言い残したかったことは何だったかというと、やはり「台湾との断交」であったろう。1972年の日中正常化交渉の際、表舞台は田中訪中だったが、裏舞台は椎名自民党副総裁の訪台だった。中江さんは椎名副総裁とともに蒋経国総統に会い、台湾側から叱られるという「損な役回り」を演じた。会談で蒋総統は「もう一度大陸を取り戻す」と見栄をきり、椎名副総裁は「従来の日台外交関係は維持される」と匂わした。そばで見ていた中江さんは「歌舞伎の勧進帳、富樫と弁慶が丁々発止やるけれど、お互いに相手が嘘をついていることを承知でメンツを傷つけないよう取り繕って目出度し目出度しになる。外交関係とは、最後は人間が決める。理屈やお金じゃない」と思ったそうだ。現在のこじれた日中関係を打開できるかも、まさにこの「人間関係」にかかっている。中江さんが健在だったら、こう言ったであろう。葬儀は3月10日、東京・阿佐ヶ谷教会で行われた。若い頃からクリスチャンの靖子夫人に寄り添うように米寿を迎える直前に洗礼を受けたのだという。家族思いで、律儀な中江さんらしい行動だと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR