スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナズムは安部首相の応援団なのか  小榑雅章

放送会社の友人と話していたら、ぽつりと「近頃、安倍首相の扱いがうるさくてしんどくてかなわん」とこぼす。何がしんどいのだと聞くと、「国民のために行動している安倍さん、頑張っている安倍さん」の姿を出来るだけ流すように、というお達しなんだ、と声を潜める。
「おいおい、そんなことありえんだろう、そんなお達しが出るはずがない。表沙汰になったら大騒動だぞ」と言うと、「当たり前だ、文書で出るはずがあるか。空気だよ、空気」そして、わかるだろ、と首を振った。
山本七平さんが唱えたように、この国は「空気」に支配されている。
自民党の圧勝で、党内は磐石。野党は全くの無力で遠吠えしか出来ない。やりたい放題の安倍さんに逆らえるような「空気」はどこもない。しかし、ジャーナリズムは違うはずだ。ダメなものはダメと報道するのがジャーナリストの使命である。だが、言われてみれば、どのテレビも、安倍さんの元気な姿をせっせと報道している(ような気がする)。
テレビやラジオの放送局は、電波の許認可を総務省に握られているから、強い政権には怖くて逆らえないのかも。ましてNHKの会長人事やキャスターの更迭などの露骨な仕打ちをみたら、恭順の旗をかかげなければという空気があふれる。
しかし、それじゃあジャーナリズムとはいえないよ。
ボヤキを聞いて、放送ジャーナリズムの危うさを思ったが、待てよ、ジャーナリズムの本家の新聞はどうなっているのだと思う。
そして、新聞ジャーナリズムも目を覆いたくなるような惨状にあることに、あらためて気づかされた。
まるで、安倍政権の応援団のような論陣をはっている巨大新聞がある。そのコバンザメのような新聞もせっせと提灯持ちをしている。
そのほかの新聞も、舌鋒は鋭くない。原発事故も憲法9条についても、集団的自衛権の論調も、賛成反対両論併記の腰の引けた論述が多く、空気を読んで御身大切を最優先にしているような気がしてならない。
これでは、大政翼賛的ジャーナリズムではないか。
国論をミスリードして、この国の未来に禍根を残さないかと危惧をする。
ジャーナリズムの存在意義は何か。
暮しの手帖の編集長の花森安治に「ジャーナリストの使命は何か」と問うたとき、こう答えた。
「権力に抗すること。権力を糺すこと」
「権力に迎合する、まして応援するなど、ジャーナリズムの最も恥ずべきことで、やるべきことでない」
でも、自分たちも賛同できるような政治をしている政府だったら、ジャーナリズムも応援したほうがよいのではないですか、と聞いたら、お前は何にもわかっていないなという顔をして、答えた。
「政権は、それ自体、権力で、自らのほしいままにできるのだから、ジャーナリズムがそれを応援する必要などまったくない。自分たちの主張と同じだったら、ただ黙ってみていたらいいのだ。権力に迎合したり応援するようなのはジャーナリズムではない」
ジャーナリズムの使命は、「権力に抗すること。権力を糺すこと」
ジャーナリストたちよ、心してペンを握ってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。