「私は」が聞こえて来なかった安倍首相談話  宇治敏彦

 安倍晋三首相は戦後70年にあたり8月14日、閣議決定を経て首相談話を発表したが、総じて「評論家的表現」「第三者的表現」が多く、内閣総理大臣たる政治家・安倍晋三個人が先の大戦について何を反省・謝罪し、それらの教訓を今後にどう生かして平和を維持していくのか、といった決意・覚悟のほどが伝わってこなかった。
 新聞各紙には談話全文が日本語、英語で掲載されているが、2つを対比すると、以上の指摘がより鮮明になる。たとえば「戦後70年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます」「今なお言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じえません」との個所では、英文で「I express my feelings of profound grief…」「I find myself speechless and my heart is rent with the utmost grief」などと主語が安倍個人であることを補っている。
しかし、日本語全文では「私は」という個人表現は見当たらず、「私たち」(we)、「日本」(Japan)で統一されている。わずかに談話発表前の冒頭発言で「世界の中で日本がどういう道を進むべきか、深く模索し、構想すべきである、私はそう考えました」「政治的、外交的な意図によって歴史がゆがめられるようなことはあってはならない、このことも私の強い信念であります」などと3か所、「私は」を使っているだけだ。
 「日本国の総理大臣だから」「閣議決定した談話だから」、あえて「私は」という一人称を使う必要はあるまい、との見解もあるだろう。また有識者懇談会「21世紀構想懇談会」の報告書や連立を組む公明党の主張に配慮したことも「私は」をあえて避けた理由の一つかもしれない。
だが無機質な日本国代表が出している戦後70年談話ではない。政治家・安倍晋三が日本国首相として世界に発信しているメッセージなのだから「安倍色」を出して当然だし、出すべきだったろう。同じ米大統領でもリンカーンとオバマでは違うのと同様だ。
 20年前の終戦記念日に「村山談話」を出した村山富市元首相が「安倍談話」に対して「私の談話が引き継がれた印象はない」「『植民地支配』『侵略』という村山談話のキーワードを薄めたい気持ちだったのだろう」(14日夜の会見)との印象を述べているのも、もっともだ。
 もし今回の「安倍談話」に「私は」という主語を入れたらどうであったろう。たとえば14日発表談話の中ごろに「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります」(Such position articulated by the previous cabinets will remain unshakable into the future)との一文がある。これを「私はこうした歴代内閣の立場を今後も死守してまいります」と宣言するだけで、談話全体に対する印象は大幅に変わったであろう。
 そうしなかった安倍首相の真意は何か? 「そんな言い方したら、なんで集団的自衛権容認の新安保法制を国会に出して、強行成立しようとするのか、と責められるじゃないか」。
あえて一人称「私は」を避けた意図が透けて見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR