「大宏池会」構想は実現可能か    宇治 敏彦

  故池田勇人元首相が結成した自民党内の派閥「宏池会」がことし結成60周年を迎えた。池田氏を筆頭に大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一、麻生太郎各氏といった総理大臣や河野洋平自民党総裁などを輩出してきた名門派閥で、現在は岸田文雄外相が会長を務めている。岸田派は46人で、平成10年に分裂した麻生派(麻生太郎副総理兼財務相)が45人。さらに自転車事故で大怪我をして現在リハビリ中の谷垣禎一前自民党幹事長を中心にする元宏池会系グループが約20人いる。こうした宏池会系の議員たちの間で「60年前の原点に戻って大同団結してはどうか」という声が出ており、「大宏池会」が実現するかどうかが政界で話題になっている。もし「大宏池会」が出来れば、安倍首相の出身派閥・細田派(97人)を抜く100人超の最大派閥になるだけに安倍総裁の任期延長にも大きく影響するだろう。
  筆者は昭和30年代後半に池田総理番から政治記者としてスタートし、前尾派、大平派、鈴木派、宮澤派と長く宏池会を担当したOBとして宏池会グループの今後には無関心でいられない。
  「宏池会」とは一体どういう政治集団で、何を目指してきたのか。そして現在の岸田派を中心とする上記グループは池田元首相が目指した政治路線をきちんと引き継いでいるのかなどについて論考し、果たして「大宏池会」が実現するかどうかを展望してみよう。
  「高光の榭(うてな)に休息して宏池に臨む」。後漢の碩学・馬融の言葉から陽明学者・安岡正篤氏が命名した宏池会という派閥は、池田氏が中心になって昭和32年(1957年)に結成した政治集団だ。アメリカ大使館前の短波放送ビル5階に事務所を構え、事務局長には旧大蔵省で池田氏と同期だった田村敏雄氏(非議員)が座った。昭和33年5月の第28回総選挙では自民党が287議席(社会党は166議席)を獲得し、第2次岸信介内閣がスタート。55人を当選させた宏池会も大派閥で、池田氏は当然、主要閣僚に起用されるものと想定していた。ところが岸内閣は岸派、佐藤(栄作)派、河野(一郎)派、大野(伴睦)派が主流4派で、池田派は非主流だったこともあり、同氏には無任所国務相というポストしか回って来なかった。池田氏は当然、面白くなかったに違いない。岸氏は戦前からのエリート商工省官僚OBであるのに対して池田氏は大蔵官僚OBとはいえ難病で長く休職していたこともあって自ら「赤ゲット官僚」「赤切符組」(非エリート)というほどエリート官僚とはほど遠く、税の専門家という程度で、岸首相とは肌合いも人生観も大きく違っていた。
  岸内閣は警職法改正案に続き日米安保条約の改定を強行し、池田勇人、三木武夫、灘尾弘吉の3氏が同年末、閣僚辞任という行動に出た。岸首相は大野伴睦氏に「次は君に譲るから」という趣旨の空証文を書いて政権維持を図ろうとしたが、国会議事堂を幾重にも取り囲む「岸を倒せ」「アンポ粉砕」の大規模デモに抗しきれず、国会での新安保自然承認と引き換えに退陣した。それに先立ち1960年7月14日に行われた後継自民党総裁選挙には池田氏のほか石井光次郎、藤山愛一郎、松村謙三各氏も立候補し、決選投票で池田氏が石井氏を破り、新総理・総裁となった。ここで筆者が感心するのは、宏池会という派閥が有効に機能し、池田氏が前尾繁三郎、大平正芳両氏らの助言・苦言を抵抗なく全面的に受け入れたことである。「寛容と忍耐」「低姿勢」という基本姿勢をはじめ「総理大臣在任中はゴルフにいかない」「昼食はカレーライス」「料亭通いはしない」などなど。池田勇人という政治家がもともと謙虚で低姿勢な人物でないことは、それまでの国会での失言(「中小企業の一つや二つ倒産しても」「貧乏人は麦飯を食え」)でも明らかで、大平、宮澤といった知恵者揃いの元秘書官たちが考案したアイデアだった(ただ後年、池田氏のお嬢さんの一人から聞いた話では「麦飯発言をした昭和25年当時、我が家では実際に麦飯を食べていました」という)。池田氏は合理主義者の側面が強く、池田番記者にご馳走してくれるときでも「残したらもったいないよ。料金は同じなんだから」と言っていた。これは拙著(「実写1955年体制」第一法規)にも書いたことだが、1962年に開業したばかりのホテルオークラで記者団との忘年会をやった時も「さあ全部食べていこうじゃないか。まだ大分残っているよ。値段は同じなんだから」とだみ声で急き立てられたことを覚えている。師弟相通ずるというか、子分の大平官房長官(当時)にも同じようなところがあって、駒込の大平邸で夜回りを終わると、「じゃあ、またな」といって応接室や玄関の電灯を自ら消して回った。
  「所得倍増政策」が池田内閣の公約だった。当初は「月給2倍論」と言っていた。しかし、「月給」というとサラリーマンなどに限定されることから、日本全体の国民所得(名目GNP)を10年で倍増するという政策になった。その理論づけは木曜会という識者の勉強会で行われた。元大蔵官僚の田村事務局長が集めた主要メンバーは下村治(日本開発銀行理事)、星野直樹(元満州国総務長官)、高橋亀吉(経済評論家)、平田敬一郎(日本開発銀行総裁)各氏らだった。実は岸信介氏も首相時代に福田赳夫農林大臣(当時)の入れ知恵で「所得倍増10年計画」を吹聴したことがあった。しかし、これは途中で計画倒れに終わった。
  池田首相は1960年9月の記者会見で所得倍増計画について次のように語っている。
 「10年間に国民所得を倍にするには1年に7.2%の経済成長が必要だ。過去5年間の成長率は年9%なので十分達成可能だ」。そして現実には5年で倍増が達成されたのだった。さらに完全失業率1.1%、有効求人倍率0.8%と戦後の夢であった「完全雇用」が1964年には達成し、国際経済面では日本のOECD(経済開発協力機構)加盟やIMF(国際通貨基金)8条国移行も実現したほか、池田・ケネディー日米首脳のヨット会談を経て日米貿易経済合同委員会が定期的に開催されるようになった。
  池田首相が喉頭がんで退陣した1964年(昭和39年)には東海道新幹線や東京モノレールの開業、名神高速道路の開通、そして東京オリンピックの開催があり、日本人の多くは「経済大国」入りを実感した。「安保反対」デモでの東大生・樺美智子さんの死に象徴される暗い時代の風景から「所得倍増」で日本人の気持ちを明るく一転させた池田政治は、高く評価されてよい。
  もともと戦後政治には吉田茂政権に代表される「保守本流政治」と、鳩山一郎、岸信介政権に代表される「戦後脱却・独立重視政治」の流れがあった。前者は①親米②軽武装③自由主義経済、の路線であり、後者は①憲法改正②反共③自主防衛強化、の路線だった。
  その後の歴代政権を振り返ってみると、1955年体制時代(自社2大政党時代)から西暦2000年の小渕恵三内閣までは圧倒的に前者が優勢だった。だが小渕氏の死後は森喜朗、小泉純一郎、福田康夫、安倍晋三内閣と後者の潮流が優勢となって、今日まで続いている。安倍首相は米国のトランプ大統領と蜜月関係を構築し、当分は「安倍一強」が続く情勢だ。今年は小泉政権の在職期間も超え、さらに2020年の東京オリンピックも見据えて総裁任期の延長を活用し3選に挑む可能性も大きい。
  最近の「大宏池会」構想は、当然こうした政治状況を踏まえての動きだが、肝心なことは誰がその「大宏池会」を引っ張っていけるかである。候補は3人いる。麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄外相、谷垣禎一前幹事長。だが、このうち谷垣氏は長期入院中で、残るは麻生氏か岸田氏だ。間をとって「麻生会長、岸田総理総裁候補」という案も浮上している。年齢的にも政治キャリア上も、麻生氏が派閥の会長で、そのかわり総理総裁候補は岸田氏というのは、確かに100人の大派閥となれば一つの形がつくれるだろう。
  問題は、その岸田氏に対して「血筋は申し分ないが、総理総裁を目指そうという覇気が感じられない」「安倍首相に従順で、禅譲狙いというのではいかがなものか」「大宏池会を率いていくだけの実力が備わっているのか」など厳しい声が聞こえてくる。最近の週刊誌(週刊新潮)でも「総裁選に意欲の岸田外相が官邸の外務省イジメに白旗」という記事を掲載していた。日米首脳会談の日程調整や韓国の慰安婦像撤去問題なども官邸主導で岸田外相は蚊帳の外に置かれているというのだ。岸田氏の知人が「ポスト安倍への意欲を聞いたら『永遠の総裁候補だったりしてー』と答えたので、思わずズッコケた」と漏らしている(同誌)。
10年前に宏池会が「宏池会の50年 そして未来へ」という冊子を発行した。その中の若手議員座談会で岸田氏は、こう言っている。
  「良質な中間層の厚みは、民主主義社会の基本です。それがないと民主主義は育たないので、しっかり考えていかなければならない。経済の拡大を図りながら、具体的な政策でできるだけ格差を感じさせないような制度を作っていく」
 まさに吉田茂の系統を引き継ぐ「保守本流」の理念である。最大の問題は、理念は良し、されど政治指導者としての岸田文雄氏の「存在感」は何処にということであろう。祖父も父も国会議員経験者で、故宮澤喜一元首相ら宮澤一家とは縁戚という血筋の良さから、ひたすら安倍首相からの禅譲待ちとの姿勢では政権は取れないだろうし、「大宏池会」も実るまい。すべては岸田氏本人が戦闘モードに大変身するかどうかにかかっている。
  また最近の情報では、「大宏池会」構想の陰の主役は古賀誠・元自民党幹事長(宏池会名誉会長)で、同氏の狙いは同じ九州の同志、麻生副総理の「ポスト安倍狙い」という復帰作戦だというから、魑魅魍魎の工作が背後ではなされていて、先が読めないところだ。
 (この原稿は「安保研リポート」3月24日号に掲載したものを一部手直ししました)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR