国民は不幸です    小榑雅章

安倍内閣の支持率がどんどん下がっている。
今日発表された時事通信の世論調査では、「・・・安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。 2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった」と報じている。
むべなるかな、と正直思う。あの尊大な、人を人とも思わぬ内閣総理大臣の態度には、国民は許しがたい思いで来たのだろう。だから、支持できない理由に・・・「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。前月と今月だけで14.9ポイント増となった。次いで「期待が持てない」21.9%、「政策が駄目」15.8%の順。・・・という結果だ。
だが、問題は、単純ではない。調査結果の続きを見ると、「政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった」
なんじゃ、これは。自民党もわずか21%でダメだが、それに代わる受け皿がない。自民党に代わって、政権を任せたいところがない。民進党は、なんと3.8%。だ。100人のうち、たったの4人もいないのだ。この党には、もう国民は失望して、誰も頼りにしていない。
そして、支持政党なしは、なんと65.3%だ。3人に2人は、どこに投票していいか分からない状態なのである。
国民が期待しているのは都民ファーストの小池都知事ではない。別のアンケートでも明確なように、小池氏には、国政は期待していない。
国民は不幸だ。この不幸な状況を誰が打開してくれるのか。
特定秘密保護法、共謀罪、集団的自衛権、そして憲法9条改憲・・・この安倍政権と自民党に代わる勢力を結集してほしい。
支持政党なしは65.3%もいるのだ。民進党も、社会党も自由党もみんな解党して、国民の負託を受けられる民主的な党を結成できないものだろうか。でも出てくるのが、あの失望落胆した民主党幹部の面々では、国民は、投票できないなあ。
国民は不幸です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

magazinehaniwa

Author:magazinehaniwa
ブログ雑誌埴輪へようこそ!
埴輪同人 宇治敏彦・小榑雅章
連絡先
 magazinehaniwa@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR